観光客の方々からも祝福される家族婚♪

他県の護國神社の巫女さんとして従事していらっしゃった新婦様。

ご縁があって姫路護國神社にてご結婚式を挙げられました。

令和という新しい時代に入り、爽やかな緑の季節にピッタリの素敵なおふたり。

 

お仕度完了後は、境内のいろんな場所でたっぷりと撮影いたします。

 

御殿をバックに。

 

鳥居をバックに。

 

和傘を使って(無料で貸し出しいたします♪)グリーンを背景に。

 

人気の正座ポーズ。

 

 

この日は「姫路お城まつり」の開催日だったこともあり、

姫路城周辺は観光客の方々も多く、とても賑やかでした。

赤い大きな傘の元、新郎新婦様が歩いている姿を見て

周りの方々から「わぁ~キレイ~」「おめでとう!」と声が上がります。

同行させて頂いて私達スタッフもとても嬉しくなります♡

 

そしてお城の前で武士に遭遇!

刀を貸してもらって撮影もしましたよ(インスタグラム参照

 

美しい姫路城と、周りからのたくさんの「おめでとう」は

遠方からお越し頂いたご家族の皆様にも思い出深い体験となったのではないでしょうか。

↑こんなポストカードみたいなお写真も残せる「てくてくロケ」は

姫路城から一番近い結婚式場である姫路護國神社ならではの特権ですよ♪

 

 

チャペルなどのご結婚式とは違い、神社は一般の方々も自由に出入りできる場所。

普段は静かな姫路護国神社に赤い絨毯が敷かれていると

「今日は何かあるんですか?」「今日は結婚式ですか?」と足を止められる方が多いです。

 

この日は特に多くの方がおふたりのご結婚式を見守ってらっしゃいました。

大手前公園にいらっしゃった方々も、花嫁行列開始の雅楽の音楽が鳴り響くと

振り返って拍手を送られる方もいらっしゃいました。

閉ざされた空間ではなく、一般の神社で行うご結婚式ならではの温かさですね。

 

とはいえ、ご結婚式本番が始まると再び静かな神社へと戻ります。

姫路護國神社では、昔ながらの神前式のしきたりを重んじているため、

御殿の中に入って頂けるのはご親族様のみとなっております。

 

御殿内は正直そんなに広くはないので、

賽銭箱の外からもおふたりの後ろ姿が見えています。

なので参拝に来られた方がいらっしゃっても、

「あ、結婚式中なんですね(小声)」と遠くから静かにご参拝頂く方が多いです。

お祭の日であったとしても、静かに厳かにご結婚式を挙げて頂くことができますよ。

 

 

挙式の後は、ご家族様でゆっくりとお食事を楽しまれました。

母の日当日でもあったので、お母さんの席には感謝の花束をご用意。

 

とっても穏やかで優しいおふたり。

ご結婚式を挙げられた記念の場所となった姫路護国神社へ

是非またご参拝にいらしてくださいね!

末永くお幸せに!!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSも更新中