神前式のはじまりって?

キリストに誓うチャペル挙式

来てくれたみんなに誓う人前式

そして神様に誓う神前式

 

挙式にも様々な形がありますが、

ところで神前式のはじまりって、いつ、どんな形だったかご存知ですか??

 

神前式の起源は室町時代の武家の結婚式まで遡ります。

 

その頃の神前式は、「陰」と「陽」のふたつの式で構成されていて

まず「陰」の式では白無垢を着た花嫁様が花婿様のところへ出向き

「合杯の礼」を執り行うシンプルなものでした。

参列者は新郎新婦の他には介添え人や挙式を執り行う関係者だけだったそうです。

その3日後の「陽」の式では、花嫁様は艶やかな色物の着物を着用し

床の間がある自宅の座敷で「親族固めの盃」を交わす儀式を行ったそうです。

その床の間には天照大御神や伊邪那岐・伊邪那美の二神の名前を記した掛け軸をかけ、

酒などの供え物がなされていたといわれています。

 

当時はとってもシンプルな結婚の儀式だったんですね。

その挙式スタイルが一般の方々にまで浸透し、明治時代まで続いたそうです。

 

そして1900年、のちの大正天皇のご成約が天照大御神を祀る皇居の賢所にておこなわれ、

現在のような神社の神前でおこなう挙式スタイルのきっかけとなったそうです。

その後一般市民の間でも神前で挙式を執り行う機運が高まり、

急速に神前式が普及したといわれています。

 

そんな歴史ある神前結婚式。

 

姫路護國神社で挙式をされたお客様で

「結婚式場は様々な理由で何十年後にまだ残っているか分からないけれど、

神社はなくなることがないから、思い出の地として神社を選びました」

とおっしゃられた方がいらっしゃいました。

 

ご結婚式だけでなく、その後の初詣やお宮参り・七五三、そしてお子様のご結婚式も!?

これから続いていく人生の節目節目に是非お立ち寄り頂ければ幸いです。

 

一生に一度の大切な1日を、姫路護國神社でゆったりと過ごしませんか?

 

みんなに囲まれて本格神前式

9月上旬のまだまだ暑い日にご結婚式を挙げられたおふたりのレポートをお届けします♪

まだちょっと緊張気味な新婦様・・・。

白無垢に胡蝶蘭の組み合わせって、清楚で可憐で本当に素敵!

 

後ろで優しい笑顔で見守る新郎様。

 

ふたり顔を合わせて、幸せそうな笑顔♡

やっと緊張も解けたかな?

 

 

お仕度完了後は、境内でたっぷり撮影タイム♪

鳥居をバックに撮影したり~~

 

番傘を持って撮影したり~~

 

自然な表情も逃さずキャッチしますよ~

 

 

 

境内のあちこちでたっぷり撮影したら、てくてくロケに出発ー!

 

この日は、神社のお隣の城見台公園まで歩いててくてく♪

新郎新婦様のラブラブなお写真を撮影していたら・・・!

ラブラブが伝染して、お友達もラブラブしちゃいました(笑)

 

 

楽しい撮影タイムのあとは、いよいよ挙式本番です!

 

新郎新婦様は、鳥居の外へご案内。

 

 

境内では別のスタッフがご親族様をご案内し、御両家向かい合ってお並び頂きます。

 

 

新郎新婦様とご親族様、どちらもの準備が整ったら

境内に雅楽の音楽が鳴り響き、花嫁行列が始まります。

 

ドキドキ緊張の瞬間です!

 

鳥居から賽銭箱まで40メートルの参道に敷かれた赤絨毯の上を

一歩ずつゆっくりと歩き進める参進の儀(花嫁行列)

神職・巫女を先頭に、新郎新婦様、ご親族様と続き、ゆっくりと一歩ずつ本殿へと向かいます。

 

 

拝殿の中では粛々とご結婚式が執り行われます。

 

 

無事に挙式を終え、ゲストの皆様から祝福の折り鶴シャワー!

姫路護國神社にて挙式のみを挙げられたおふたりでしたが、

おふたりの幸せな姿を一目見ようと、たくさんのご友人の方々が駆けつけてらっしゃいました。

おふたりのお人柄ですね☆

 

 

お打ち合わせ以外にも、分からないことがある度にお越し頂き

楽しくお話しながらご説明させて頂きました。

 

とっても人懐っこくて可愛い新婦様と、ニコニコと優しい新郎様。

いつまでもお幸せに♡

 

ブログリニューアル!

過去のブログはこちらからどうぞ☆

https://ameblo.jp/shirasaginomiya-v/

これからもステキな卒花嫁さんたちのパーティーレポートや

結婚式のマナー、和婚ならではのオシャレなアイテムのご紹介、

準備に役立つ情報などを載せていきます♪

 

引き続きよろしくお願いします!